子供の微細運動の発達過程

微細運動とは細かな動き

微細運動とは、腕や手(指)を使ってする細かな運動のことです。

微細運動の例は、物をつかんだり、指でつまんだりするもので、詳しくは後述の一覧表を参考にしてください。

月齢・年齢から遅れた微細運動は、発達障害が要因となることがあります。

そのため、微細運動の状況を見て発達障害の有無を判断することがあります。

微細運動を基にした発達障害スクリーニング検査として『日本版デンバー式発達スクリーニング検査』があります。

微細運動の発達過程

日本版デンバー式発達スクリーニング検査表を基に、発達の過程を見てみましょう。

以下に示す表は、対応する月齢・年齢の児の4分の3が達成する動作を示しています

本サイトは正常な発達の過程を示すだけのものですので、発達がもし気になる方は、本サイトだけで判断せず、必ず小児科等の医療機関を受診してください

月齢・年齢と微細運動(表)

獲得される月齢 獲得する微細運動
0~1ヶ月 左右対称運動
2ヶ月 正中線まで追視
3ヶ月 正中線を超えて追視
ガラガラを握る
4ヶ月 180°追視
両手を合わせる
5ヶ月 干しぶどうのような小さなものを見つめる
6ヶ月 物に手をのばす
7ヶ月 目の前からなくなったものを探す
8ヶ月 積み木を両手にとる
熊手型でつかむ
積み木を持ち替える
9~10ヶ月 親指を使ってつかむ
11ヶ月 両手に積み木を取り打ち合わせる
12ヶ月 親指と人差し指の指先でつまむ
1歳1~2ヶ月 なぐり書きをする
1歳5ヶ月 二つの積み木で塔を作る
1歳6ヶ月 瓶を傾け中の物を出す(真似して)
1歳9ヶ月 四つの積み木で塔を作る
2歳0ヶ月 自ら瓶を傾け中の物を出す
2歳9ヶ月 直線を真似してかく
3歳0ヶ月 八つの積み木で塔を作る
3歳3ヶ月 三つの積み木でトンネルを作る
4歳0ヶ月 何も見ずに十字型をかく
4歳3ヶ月 何も見ずに丸をかく
長短がわかる
人物画(3部分[顔・目・口])
5歳 四角を真似してかく
人物画(6部分[顔・目・口・耳・鼻・体])
6歳 何も見ずに四角をかく

※ほぼ獲得される月齢・年齢を記しています。飽くまで参考値です。

 まとめ)四角をかくことも難しい!

私がこれを初めて見た時に感じたのは

Left Caption

ママ

四角をかくってそんな難しいの!?

でした。

自分の子供がいろいろできなくてもどかしい時もありますが、こうやって客観的な指標でみると「あぁ子供の成長ってゆっくりなんだな」と思えるはずです。

しかし、やはり発達が遅いなと思うこともあるかもしれません。

子供の発達に関して心配な時は、小児科や専門の医療機関に受診するか、健診の時に保健師さんに相談してみましょう。

2019年5月5日微細運動, 運動, 発達過程, 成長過程, 子供

Posted by fwhip