まどあけずかん いきもの: 英語つき (小学館の図鑑NEOまどあけずかん)

まどあけずかん いきもの: 英語つき (小学館の図鑑NEOまどあけずかん)

子どもに読ませたい本の一つは絶対に図鑑ですよね。いきものや乗り物のことが写真とともに説明してあり、学習材料としても適切です。最近の図鑑はいろいろな工夫がされていて楽しいですが、今回私が買ってみたまどあけずかん いきもの: 英語つき (小学館の図鑑NEOまどあけずかん)は買ってよかったと思える一つでした。


まどあけずかん いきもの: 英語つき (小学館の図鑑NEOまどあけずかん)

窓開けの窓が多い!!

タイトルの通り、まどあけ図鑑なので窓がいっぱいありますが、その窓がとても多い。窓というのは、例えばカバであったらカバの頭が窓開けになっていて、開けてみると口を開いたカバが出てくる、といった仕掛けのことです。

下に写真を載せますが、1ページにこれだけ窓があります。

まどあけずかん いきもの: 英語つき (小学館の図鑑NEOまどあけずかん)

まどあけずかんは飽きない

最近の小さい子供(と自分のこともに言うのもなんですが…)は、iPadで遊んだり、テレビで動いている画像をよく見たりするので、3歳児くらいまではなかなか静止画だけでは楽しんでくれません。その点、この、まどあけずかんは手を動かして、能動的に図鑑を開いていくので、子供も飽きないようで、結構長い時間見ています。

まどあけずかん いきもの: 英語つき (小学館の図鑑NEOまどあけずかん)

英語も記載してある

今の教育は、小学校から英語がスタートします。英語はなるべく早く覚えさせたいですよね。このまどあけずかんには英語も書いてあります。正直、私も知らない英語ばかり…が、この点が良くて、私も子供と楽しみながら「こんな英語なんだねぇ♪」と学ぶことができます。


まどあけずかん いきもの: 英語つき (小学館の図鑑NEOまどあけずかん)


2018年11月19日

Posted by fwhip