加湿器の水は水道水で!塩素消毒を大事にしよう。

加湿器の水は大切

冬時期になると欠かせなくなるのが加湿器。加湿により感染症のリスクは減りますし、肌の乾燥も抑えられる。もっと細かいことを言うと、静電気の抑制にもなり、電子機器にも加湿が行き届いていることはいいことになります。

その加湿器ですが、いい水蒸気をまき散らしたいですよね。少しでも毒性がないものを…と、加湿器の水としてミネラルウォーターを使っている人もいるようですが(かなりセレブ!)、その使い方は間違っています

より純度の高い水で良い水蒸気を吸いたいという気持ちは分かりますが、そのひと手間が逆に毒をまき散らすことになりかねません。

加湿器の水は水道水で

では何を使えばいいのか。答えは、加湿器の水に水道水を使うということです。

こちらの記事でも紹介していますが、夫は加湿器によって体調を崩しました(正確に言うと、加湿器のせいと”思われる”)。

加湿器に入れる水は、しっかり管理しないと長く放置されてしまいます。放置された水には雑菌が繁殖し、それを加湿器で使用すると雑菌をばらまくことになってしまいます。

でも、長く放置されているにもかかわらず安全に飲める水があります。それは水道水です。日本の水道水浄化技術はかなり高く、ここまで安全に水道水の水を飲める国はそうないでしょう…。

なぜかというと、水道水には塩素が入っているからです。塩素を気にされる方もいますが、はっきり言って、水道水の塩素なんて全く体に影響しません(むしろ影響していたら大変…)。正直、なぜミネラルウォーターを飲むのかと疑問に思っています。

長く放置しても安全な水、それを加湿器に使わない手はありません。

加湿器水タンクの内側は意外とヌルヌル

私はしばらく放置していた加湿器の裏側を触ってみたことがあります。

指を突っ込んでみると、加湿器の水タンクの内側は意外とヌルヌルしています。このヌルヌルは雑菌が自分を守ろうと分泌しているものの可能性も高く、決してきれいなものではありません。

説明書をよく見ると、

『加湿器の水タンクは、補充する前に良く振り洗いしてください』

といった注意書きがありますので、やっぱり内側は汚れやすいのです。

そこで活躍するのが、水道水の塩素消毒です。

適度な殺菌効果がありますので、加湿器の水としては必ず水道水を使用しましょう

浄水器も使ってはダメ!

水道水を使ってもいいのは分かったけどやっぱりよごれがきになるから浄水器を通した水を…

待ってください。浄水器を通した水も加湿器に使ってはダメです!

浄水器には丁寧に、塩素除去効果が入っています。上記の通り、塩素による殺菌効果を使いたいのに塩素を除去するなんてまったく意味がないですよね。

浄水器を通さない水道水を使ってください。

使い方を間違えると本当に怖い

人は一日におよそ1万5千リットルの空気を吸うといわれています。

対比にはあまりならないかもしれませんが、人が1日飲める水の量といったらせいぜい2~3リットルですよね。それに比べて、人が吸う空気の量は爆発的に多いわけですから、加湿器から出る空気の影響を馬鹿にしては痛い目にあいます。

睡眠中は加湿器はダメ。カビ繁殖の恐れ。』の記事にも載せましたが、間違った使い方はカビの繁殖にもつながります。

必ず正しい使い方をして、正しい加湿器生活を送りましょう♪