加湿器を検討中の方へ(我が家も検討中…)

加湿器は主に4種類

我が家の加湿器のせいで体調を崩したことがあるので(後述)、今回は加湿器を買い足そうと考えており、それで調べた内容をまとめます。

まず、加湿器にはそのタイプから大体3種類に分けられます。超音波式、気化式、スチーム式(加熱式)、そしてハイブリッド式です。それらの長所と短所について、簡単にまとめていきます。


ミニオン加湿器 アート引越センター限定

超音波式加湿器

超音波式は、近年の加湿器としては現在は最もポピュラーではないでしょうか。価格.comでも商品ヒット数は最も多いです。店頭でよく見る煙が見えるタイプの加湿器で、アロマディフューザーという形で並ぶことも多いです。構造としては、水を超音波で霧状にして空気中に噴霧するという単純な構造です。

長所

  • 加湿効果は比較的高い
  • 電気代が安い
  • 見た目がおしゃれ
  • アロマディフューザーとしても使える
  • 加湿器が安価

短所

  • 高い場所に置かないと加湿器周辺が水浸しになる
  • 手入れを怠ると雑菌がを含んだ水が舞うことがある(こまめな手入れが必要)
  • よくわからないメーカーも商品を出している

実は、この後半の点は非常に大事。既に家にある人も、この記事を読んでぜひ手入れを見直してほしいです。というのも、うちの夫がふざけて「気持ちいい~」と言いながら蒸気を吸いまくっていたのですが、その数日後にかなり体調を崩しました。もしかして、と思って、タンクの中身を指で触ってみたのですが、結構ヌルヌルで、おそらく雑菌がかなり入っていたものと思います。因果関係は全く分かりませんが、感染症のリスクになることは間違いないでしょう。

気化式

多くのメジャーなメーカーが使用しているのがこの方式でしょう。

この方式は、イメージとしては繊維質の紙に水を浸すと水を吸い上げますよね?それに送風することで気化した水蒸気を空気中に放出するというもので。

長所

  • 加湿効果はまあまあ
  • 電気代が安い

短所

  • 加湿器が少し高価
  • 冷風が出てくる
  • 高い場所に置かないと加湿器周辺が水浸しになる
  • カビが繁殖する恐れがあるので手入れが必要

スチーム式(加熱式)

スチーム式は、加熱式とも呼ばれ、どちらも同じ方式です。なぜかというと、水を加熱すると水蒸気(スチーム)が発生するのでそれを空気中に放出するという方式だからです。

長所

  • 加湿器が比較的安価である
  • 水をいったん加熱するので雑菌が放出する可能性は低い

個人的には加熱式を選ぶ理由は2点目の感染症リスクが低いということに尽きると思います。

短所

  • 電気代が高い(上記二つの機種の2倍以上は確実にある)
  • 加湿効果には疑問の声も

ハイブリッド式

そして最後にハイブリッド式です。実はハイブリッド式にも二つあり、温風気化式加熱超音波式があります。温風気化式は、気化式の冷風を当てるところを温風に変えたもので、気化式の弱点である冷風が出てくる、やや加湿能力が低いという弱点を補完したものといえるでしょう。一方、加熱超音波式も、超音波式の弱点を補完するような形で、湿度が低いときには加熱効果を加えることで加湿効果を高める、という程度のことのように思います。

一般にはハイブリッド式というと、温風気化式を想像しますのでそこに焦点を絞って下記を述べます。

長所

  • 加湿効果は非常に高い
  • 雑菌繁殖のリスクがヒーターレスに比較すると低い
  • 短所にもある通り高価な機種が多いので、除菌効果など様々な機能がついていることが多い

短所

  • 加湿器がとても高価
  • 電気代が高い(高性能機種だとこの辺がクリアされていることもある)

まとめ

いかがでしたでしょうか?我が家では以上の点から手入れを怠らないことを前提に超音波式を採用する予定です。本当はハイブリッド式がいいのですが、一般の家庭にはなかなか…

次のサイトも非常に参考になりましたので是非見てみてください

【藤山哲人の実践! 家電ラボ】第9回:加湿器にはいろんな方式があるけど、どれを選べば良い? – 家電 Watch http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/fujilabo/505856.html

定期的な清掃を怠ると招く加湿器病 – 家電製品の選び方と買い方:


デスクトップ可加湿器-空気拡張器清浄器超音波加湿器は寝室でLEDランプ加湿器を持つUSBファンを連れて子供/家庭/オフィスに適している

2018年11月19日加湿器, 家電

Posted by fwhip